Windows8.1のアップデート方法

2013年10月17日からWindows 8.1の提供が開始されました。これは、Windows 8のアップデート版として用意されたものです。Windows 8の不具合やユーザーからの指摘を改修したバージョンになっています。改修されたことで、パソコン以外にもタブレットデバイスとの相性のいいOSになりました。

では、早速Windows 8.1のアップデート方法を紹介します。アップデートする前に、リカバリーを作成しておいた方が安心です。ストレージ容量8GB以上のUSBストレージを用意して、リカバリーを作成しましょう。

■アップデート手順

Windows Updateを完全に終えてからWindowsストアにアクセスします。Windows Updateを選ぶとダウンロード画面に移動します。ダウンロードを選択してインストールを開始します。

ネットワークの設定確認をおこなったり、Microsoftアカウントを入力するなどして3回再起動するとやっとトップページが表示されます。Windows 8.1にはSKYDriveとの連携が強化されているのが便利になっています。

トップページが表示されたら壁紙を変更してみましょう。チャームを表示して「設定」→「パーソナル設定」を選択。壁紙、背景色、アクセントの色を自由に選べます。次にタイルを見やすいように変更してみましょう。デスクトップパソコンであれば、いずれかのタイルの上で右クリックするとしたにメニューが表示されます。

タイルサイズは「大」「ワイド」「中」「小」の4種類があり、グループ名なども設定可能になっています。よく使用するアプリなどがあれば、スタート画面をカスタマイズすればすぐにアクセスできるので、作業効率が上がるのでおすすめです。