Windows8のシャットダウンアイコンの作り方

最新のパソコンはどれもOSがWindows 8のものばかりです。BTOなどで購入すればWindows 7に変更することも可能ですが、会社のパソコンが全てWindows 8を導入することになったら、見た目がガラッと変わりタッチパネル向きの構成になっているので扱いに頭を抱えている人も多いと思います。

作業効率を上げるために従来のパソコンと同じように使用したいという企業の人や個人のためにWindows 8を使いこなす方法を紹介します。使用頻度の高いシャットダウンボタンの作成方法です。

・シャットダウンボタンの作り方
Windows 8では、シャットダウンするためにチャームを表示させなけれなならないため、慣れてない人からしたら面倒くさく感じやすいです。そこでシャットダウンのボタンを作って押せば簡単にシャットダウンすることができます。

「shutdown.exe /s /t 00」をコピーしてください。デスクトップ画面のなにもないところで右クリック→「新規作成」→「ショートカット」を選択。開いたウィンドウにコピーした文字を貼り付け「次へ」→「完了」で作成完了です。

これでデスクトップに「shutdown.exe」というアイコンが作成されました。次にそれを「右クリック」→「プロパティ」を開きます。アイコンの変更でエラーメッセージが表示されたら「OK」を選択、そしてアイコン一覧画面が開かれたら、赤い電源ボタンを選択すればぱっと見でシャットダウンボタンだとわかりやすくなりまっす。あとは、これをダブルクリックするだけで簡単にシャットダウンすることができます。