Windows8.1とWindows8を比較

使いやすくなったポイントまとめ

Windows8は糞でした。歴代最悪はWindows Meです。でもWindows Meは動作がひどかっただけで、インターフェイスは普通でした。Windows XPとほとんど変わりません。しかしWindows8は使いにくさがぶっち切り1位です。本当に酷いものでした。まずブラウザを起動する方法がわかりません。ペイントを開くにはどうすればいいのでしょうか。挙句の宛にシャットダウンをどこからやったらいいのか不明です。マイクロソフトは一切UIテストをせずにリリースしたのではないかと疑ってしまいます。だから私はWindows8からWindows7にダウングレードしました。当然ですよね。Windows7は動作も掲載で使いやすいのですから。Windows8を使う理由なんて1個もありません。

でもマイクロソフトも馬鹿ではありません。Windows8.1で使いにくい部分をきっちり修正してきました。今はBTOからWindows8.1搭載デスクトップやノートパソコンが発売されています。修正ポイントは以下のとおりです。

・デスクトップにスタートボタンが追加
・スタートボタンからシャットダウンができるように
・タイルの大きさを変更できるように
・スタート画面の壁紙を変更できるように

やはりスタートボタンの追加が一番のポイントでしょう。Windows8と比較すると段違いに操作しやすくなりました。内部的な修正もあり、以前よりも高速になったそうです。私はWindows8の使いにくさから、おすすめデスクトップゲームPCにはWindows7搭載モデルが良いと思っていました。BTOならどちらのOSも選択できますからね。でもこれなら8.1で大丈夫そうです。ゲームPCは性能が高速なほうが良いに決まっていますから、処理が早い8.1を使うのはゲーマーとして当然の選択でしょう。ちなみにオンラインゲームは推奨スペックに8が入っていないものもありますが、大抵の場合問題ありません。

格安なBTOメーカーとして人気のドスパラがおすすめです。